シャンプーの正しいやり方・美容院のようなサラサラにする洗い方をご紹介!頻度は?毎日洗っていい?成分解析のコツ | TSUYAKO
コラム

シャンプーの正しいやり方・美容院のようなサラサラにする洗い方をご紹介!

シャンプーの正しいやり方・美容院のようなサラサラにする洗い方をご紹介!頻度は?毎日洗っていい?成分解析のコツ

アナタは正しいやり方で洗えていますか?

シャンプーは、スタイリング剤やしつこい皮脂汚れを落とし、頭皮を清潔にするための大事なお手入れ。
一方で、髪は濡れるとダメージを受けやすく、やり方を間違えると逆に髪を痛めることになります。
洗い方が不十分だと、不衛生でよくありません。

そこで今回は、正しいシャンプーのやり方をご紹介します。
気付かないうちに『うっかりやってしまっている4つのこと』もまとめるので、もし心当たりがある場合は、シャンプーのやり方を改善していきましょう!

シャンプーの正しいやり方とは

ブラッシング

ブラッシング

お風呂でシャンプーをするとき、いきなりすすぎを始めていませんか?
『はい』というアナタは、まずすすぎの前にブラッシングをしましょう。

ブラッシングには2つの効果があって、

  1. 髪のケア
    ☑髪に付いたほこりやフケを落とす
    ☑自然に抜け落ちる毛を落とす
    ☑髪が絡まることで起こる抜け毛を減らす
  2. 頭皮ケア
    ☑頭皮マッサージ
    ☑頭皮の血行を促す

つまり、髪にも頭皮にもブラッシングは必要なのです!
髪を濡らす前に落とせる汚れはどんどん落としておきましょう!

ブラッシングのコツと注意点

ブラッシングのコツと注意点

ブラシをするときいきなり根元から解いている場合は要注意!
まず毛先からブラシで解いていきましょう。

髪のほつれを無理やり解こうとすると、髪が抜けて頭皮を痛めます。
毛先からほぐすようにブラシを当てていき、片方の手で毛束を作りながら(写真参照)ゆっくりとブラシを進めると、髪への負担を抑えられます。
【毛先】⇒【中間部】⇒【根元】と徐々に髪をほぐすようにブラッシングしましょう。

ブラッシングの頻度に注意

気を付けたいのが、ブラシのやりすぎはNGということ!
摩擦は髪にとってダメージになるので、1日に何度もブラシをするのはよくありません。
身だしなみを整える程度(朝・昼・シャワー前後)に抑えましょう。

ブラシの素材選びも重要

髪にとってブラシの素材も大事なポイントです!
100円ショップでも手に入りますが、安いブラシのほとんどはプラスチックや塩化ビニル製。
こういった素材は、解くたびに静電気が発生して、摩擦と静電気のダブルパンチで髪を痛めてしまいます。
(『静電気防止!』と改良されているものもありますが、やはりおすすめはしません)

静電気が起きにくいブラシとして、動物(イノシシ・豚)の毛が使われている天然毛ブラシがおすすめです。
天然毛ブラシは、適度な油分と水分が含まれるので静電気が起きにくいだけでなく、自然なツヤがでてきます。

おすすめのヘアブラシ

おすすめのヘアブラシ

ちなみに私が愛用しているメイソンピアソンは、動物の中でもイノシシの毛を100%使ったブラシ。
一つ一つ職人さんの手作業で作られていて、素材にも製造過程にもこだわり抜かれた一品です。

毛量が多くてごわつきが気になっていた時にたまたま見つけたブラシで、最初はその値段に愕然としましたが、自分へのご褒美とボーナスで買っちゃいました!
解いた後のまとまりは使った人にしかわからない満足感があります!

『ブラシ界のロールスロイス』
と評されるメイソンピアソン、今では他のブラシでは物足りず手放せないアイテムです!

公式サイトはコチラ

シャンプー前のすすぎ

シャンプー前のすすぎ

ブラッシングで髪を解けたら、次にシャワーですすぎます。
このすすぎがとても重要!

『すすぎ=髪が濡れたらOK』
と思っているアナタ、それは大きな間違いです!
(すすぎが適当な人、多すぎます!)

最初のすすぎがとても肝心で、ここで7割程度の汚れを落とすことができます。
すすぎ不足だとシャンプーの泡立ちは悪くなるし、汚れをキレイに落とせません。

すすぐ時は髪の毛を濡らすのではなくて、頭皮からしっかりすすぐようにしましょう。
お湯で毛穴が開き、頭皮にたっぷりの水分を含ませることで、汚れを落ちやすくします。

全体をまんべんなくすすごうと思うと、約1~2分はかかります。
ここは手を抜かずしっかり時間をかけてください。
スタイリング剤やワックスを使っている方はさらに1分ほど長めにすすぎましょう。

毛穴は少し下を向いているので、手のひらに水を貯めて下から頭皮に当てるように洗うと、効果的にすすげます!
このすすぎ方は洗顔にも効果的なので、応用してください☆

シャンプーで洗う

シャンプーでの洗髪

いよいよシャンプーです。
すすぎで落ちるのは水溶性の汚れで、お湯で落としきれない油性の汚れ(皮脂・スタイリング剤)をシャンプーで落とします。
シャンプーの一番の目的は頭皮を洗うことなので、間違っても髪をゴシゴシこすったりはしないでくださいね。

シャンプーを手に取ってそのまま頭につけていたかと思いますが、ここも一工夫加えましょう!
シャンプーを一気に全量使うのではなく2、3回に分けて頭につけるだけで、汚れの落ち具合が変わります!

シャンプーで洗う時のワンポイント

普段使っている1/3量を手に取って、まず手のひらで泡立てます。
泡立ててから頭皮につけることで、頭皮や髪への摩擦を抑えます。
(間違っても髪の毛を泡立てネットの代わりに使わないでくださいね✖)

コツは、泡立てたシャンプーをつける前に髪を少しかき分けて分け目が見える状態にすることです。
地肌に直接シャンプーをのせることで、効率よく頭皮を洗えますよ!

前頭部・頭頂部・襟足付近と場所を変えて、まんべんなく頭皮全体にシャンプーをつけます。
あとは指の腹を使って頭皮マッサージをしながら洗うだけ。

髪の根元から(生え際から頭頂部の方向に)手を入れて洗うことで、必要以上に髪が絡んだりもつれるのを防げます。

爪が長い方は、爪を立てて洗うと頭皮が傷つくので、指の腹を使うかシャンプーブラシを使うのもおすすめです。

頭皮を洗っている間にでてくる泡で、スタイリング剤などの髪の汚れは十分に落とせるので、髪をこする必要はありません
髪が濡れている間はキューティクルが開いてダメージを受けやすいので、絶対にこすらないでください!

泡立ちが足りないときは

泡立ちが足りないとき、
『シャンプーの量をどんどん増やす』なんてこと、していませんか?
つけ過ぎはシャンプーが頭皮に残るリスクがあるので、あまりおすすめできません。

泡立ちが悪い原因は、すすぎ不足の可能性が・・・。
お湯で流せる汚れが頭皮に残っているのかもしれません。

シャンプー量を増やす前にすすぎ時間を長くしてみましょう。
それでも効果が得られない場合は、シャンプーの量を少しずつ増やします。

市販のシャンプーは泡立ちの良い洗浄成分が使われていますが、アミノ酸シャンプーノンシリコンシャンプーは泡立ちが弱い場合があります。

シャンプーが少なすぎると髪が絡まる原因になるので、シャンプーを変えたときなどは少しずつ量を増やしながら調整しましょう。

シャンプー後のすすぎ

シャンプー後のすすぎ

頭皮全体を洗えたら、シャンプーをすすぎます。
皮脂などの汚れは洗浄成分によって浮き上がっているで、このすすぎで大事なことはシャンプーを流すことです。
シャンプーが頭皮に残留すると、炎症やかゆみ・肌荒れにつながることも。
『泡がなくなったら終わり!』
ではなく、ここでも頭皮を中心にすすぐよう意識しましょう。

シャンプー後のすすぎは最低でも2分かそれ以上すすぐことで、シャンプーの残留を防ぎます。
このときも、髪をゴシゴシしないように注意しましょうね!

もし髪が絡んだりもつれたら、すすぎながら手くしで徐々にもつれを解きます。
髪を濡らす前にブラッシングをしているので絡まりにくくなっているはずですが、シャンプー中に髪をゴシゴシ擦っていると、髪がもつれる可能性があります。

慣れるまでは少し気を使いながらの作業になりますが、丁寧な洗い方を習慣付けましょう!

意外な落とし穴!こんなことやってない?

シャンプーの正しいやり方以外に、いくつか気を付けたいことがあるので順番にご紹介します。
『私これ、普段やってるな』
と心当たりがあるなら、気付かないうちに頭皮や髪を痛めているので、今日から見直しましょう!

シャンプーの頻度

毎日シャンプー・・・していますよね?
オシャレしたくてロングヘアーにしてるけど、実は髪が長いのって毎日のシャンプーが面倒くさかったりしません!?
(私だけ?)
『メイクだけ落として、シャワーは明日朝イチで入ろ。』
って寝ちゃったこと、一度くらいはあるのでは・・・?

その日の汚れは、その日のうちに落としましょう。

頭皮の皮脂分泌量は、顔のTゾーンの約3倍といわれていて、とても皮脂が多いです。
さらに外出して汗をかいたり、紫外線やほこりを浴びた頭皮は、たくさんの汚れが蓄積された状態。
そのまま寝てしまうと不衛生な上に、頭皮が呼吸できない状態が続いてしまいます。

また髪の成長と関係が深い女性ホルモンは、寝ている間に一番活動します。
その時に頭皮が汚れていては、キレイな髪は伸びないので、必ず寝る前にシャンプーをしましょう。

シャンプーはやりすぎにも注意

反対に皮脂が多い人に注意してほしいのが、朝シャンです。
『出かける前にシャワーを浴びないと、夕方のベタつきが耐えられない!』
とよく聞きますが、洗いすぎも良くないってご存知ですか?

皮脂はベタつきや臭いの原因であまり良いイメージがありませんが、頭皮を守る大切な役割があるのです。
皮脂がないと、
☑頭皮が外部刺激にさらされる
☑髪がパサつく

などのトラブルの原因に。

身体は【皮脂が必要なもの】と認識しているので、皮脂がなくなり過ぎると失われた分を補うためにより多くの皮脂を分泌します。
その結果、洗うたびにベタつきがひどくなるという悪循環に・・・。

1日に何度もシャワーを浴びる人は、頭皮が乾燥している可能性があるので、朝シャンは控えるようにしてください。
そしてベタつきが気になる方は、シャンプーを見直してみましょう!
石鹸シャンプーアミノ酸シャンプーがおすすめです。

シャワーの温度

シャワーの温度は、何度に設定していますか?

季節によってまちまちだと思いますが、ヘアケアにおいて適切な温度は40度前後(38~42度)です。
42度以上に設定すると、頭皮や髪が乾燥しやすくなり、キューティクルが開きすぎてパサつきの原因になります。

皮脂や脂汚れも、人肌に近い温(36度)で十分に落とせます。
真夏に38度は暑く感じるかもしれませんが、低すぎると脂汚れが残る可能性があるので、最低でも人肌程度の温度で洗うようにしましょう。

熱いシャワーが好きという方がいますが(私も真冬は43度がベスト)、髪にとっては高温なので、髪や頭皮を労わった温度設定にしましょう!

シャンプーの洗浄成分

今使っているシャンプーは自分の肌質や頭皮に合わせて選んでいますか?
洗浄力が強すぎるシャンプーや刺激が強いシャンプーを使うと、頭皮の炎症やかぶれの原因になります。
(⇒絶対避けたいシャンプーの見分け方)

市販シャンプーは『洗えない!』というクレームを避けるために、洗浄力が強いものが多いです。
(あとは低コストで大量生産できるように、安い成分が使われています)

頻度と同じことが言えますが、強すぎる洗浄力は頭皮トラブルを引き起こす原因につながります。
自分にあったシャンプーを選ぶことが大切です!

シャンプー選びに困ったら・・・

お風呂上りのドライヤー

シャワーを浴びた後、タオルドライをしてそのまま放置していませんか?

自然乾燥派の人に理由を聞くと、
『ドライヤーの熱で髪が傷むから』
と大半の方が答えます。
たしかに、髪(正確には表面のキューティクル)は熱に弱いので、ドライヤーで髪が傷まないとは言い切れません。
でも、ドライヤーをしないで乾くまでにかなり時間がかかります。
通気性の悪いお風呂にカビが生えやすいのと同じで、頭皮も湿った状態で放置すると雑菌が繁殖して臭いやかゆみの原因になります。

髪は濡れるとキューティクルが開くので、そのまま寝ると枕でこすれて、乾いているとき以上に摩擦によるダメージを与えることになります。
(次の日、髪がボンバーになるというおまけ付き・・・)
とにかく自然乾燥はいいことがないのです。
(ドライヤーの手間が省けるくらい)。
頭皮から完全に乾かし、最後に冷風で仕上げることでキューティクルが閉じて、引き締まったツヤのある髪に仕上がります。

最近では、ドライヤーの熱を利用したシャンプーが登場しています!
ドライヤーだけでなくアイロンやコテを使う方は試して損がないシャンプーです!
詳細は以下の記事に!

正しいケアで頭皮を常に清潔に保とう!

正しいケアで頭皮を常に清潔に保とう!

いかがでしたか。
正しいシャンプーのやり方を解説してきました。
また、無意識のうちにうっかりやっているあれこれが、いかに頭皮や髪に良くないかもお分かりいただけたかと思います。

毎日行うシャンプーだから、間違ったお手入れをするとそれがすべてダメージとなって髪に蓄積されてしまいます。
塵も積もればなんとかってやつですね。
逆に言うと、正しい手順でケアすればだんだん髪も頭皮も生まれ変わるということです!

これからは正しいシャンプーで頭皮をケアしていきましょう!

関連した記事

マイナチュレシャンプーは効果なし?あり?口コミを徹底解析!楽天で買うと損するって本当?
シャンプー商品紹介
マイナチュレシャンプーは効果なし?あり?口コミを徹底解析!楽天で買うと損するって本当?

失ってから気づくことって色々ありますよね…。 (いきなり意味深) 『20代は休みを全部使って行ってた旅行、今はもう弾丸なんてムリ…』 (体力の衰え) 『あ!今日までにこの仕事終わらせようと思ってたのに、すっかり忘れてた……

お悩み別おすすめシャンプーと女性用育毛剤!頭皮の臭い・かゆみ・薄毛・白髪それぞれの解決方法をご紹介
シャンプーピックアップ
お悩み別おすすめシャンプーと女性用育毛剤!頭皮の臭い・かゆみ・薄毛・白髪それぞれの解決方法をご紹介

『〇〇をなんとかしたいけど、どうしたらいいのか分からない!』 そんなアナタのお悩みをいち早く解決できるよう、悩み別おすすめシャンプーをまとめます! ⇒頭皮のお悩み  ・ベタつき  ・におい  ・フケ・頭皮の乾燥  ・かゆ…

コスパで選ぶおすすめシャンプーと女性用育毛剤!安いのに頭皮に優しいシャンプーはある?お得な購入方法とは
シャンプーピックアップ
コスパで選ぶおすすめシャンプーと女性用育毛剤!安いのに頭皮に優しいシャンプーはある?お得な購入方法とは

『シャンプーは毎日使う消耗品だから、お財布が息切れしないことも大切!』 コスパを重視して【良いものをなるべくお得に】 これが賢い買い物の極意! この記事ではコスパに注目しながら、価格別におすすめシャンプーをご紹介します!…

おすすめのシャンプーは人それぞれ!シャンプーの種類・成分解析・選び方まで一挙に解説します
シャンプー商品紹介
おすすめのシャンプーは人それぞれ!シャンプーの種類・成分解析・選び方まで一挙に解説します

毎日使っているシャンプー。 種類がありすぎて、どれを選んだらいいか悩みますよね。 ・無添加でノンシリコン ・美容保湿成分配合 ・ボタニカル処方 など、いろいろ耳にしますが、 『結局自分に合うシャンプーってどれ!?』 って…

アスロングの口コミ・評判を徹底分析!早く伸びる効果なし?あり?購入時の注意点から解約まで総合評価してみました
シャンプー商品紹介
アスロングの口コミ・評判を徹底分析!早く伸びる効果なし?あり?購入時の注意点から解約まで総合評価してみました

アスロングは ・ノンシリコン ・無添加 ・10種類以上のオーガニックエキス配合 とハイスペックのノンシリコンシャンプー。 髪の栄養分となるキャピキシルが入っているため「髪が早く伸びるシャンプー」と話題になっていますが、気…

アスロング効果を検証!早く伸びるだけじゃない4大効果は一体なに!最安値の購入方法は?口コミの評判・効果なしは本当?
シャンプー商品紹介
アスロング効果を検証!早く伸びるだけじゃない4大効果は一体なに!最安値の購入方法は?口コミの評判・効果なしは本当?

アスロングは「髪が早く伸びるシャンプー」と話題ですが、アスロングの効果はそれだけではありません! アスロングの成分を見ると、育毛剤にも使われるキャピシルをはじめ、オーガニック成分や美容オイルなど、地肌や髪に効果的な成分が…

女性ホルモンと髪の毛の関係とは?薄毛やパサつき・髪質の変化に関わるホルモンバランスの真相
シャンプー
女性ホルモンと髪の毛の関係とは?薄毛やパサつき・髪質の変化に関わるホルモンバランスの真相

「あれ、なんか印象が違う・・・」 ふとした瞬間に自分の姿を見て、そう感じたことありませんか? 女性の天敵である老化は、誰にも止めることが出来ません。 髪や頭皮にも加齢による症状が出てきますが、その原因を探ると女性ホルモン…

種類別で選ぶおすすめシャンプー!本当に良いのはどれ?人気のアミノ酸シャンプー・ノンシリコン・スカルプシャンプーとは
シャンプーピックアップ
種類別で選ぶおすすめシャンプー!本当に良いのはどれ?人気のアミノ酸シャンプー・ノンシリコン・スカルプシャンプーとは

『シャンプーって種類多すぎ!結局どれがいいの?』 選択肢が多すぎて、逆に困りますよね。 〇〇シャンプーって何? 自分の頭皮におすすめのシャンプーはどれ? こんな疑問を、解決していきましょう! ⇒アミノ酸シャンプー ⇒石鹸…