べたつく髪におすすめの石鹸シャンプー!髪のツヤをUPさせる効果を徹底解析! | TSUYAKO
コラム

べたつく髪におすすめの石鹸シャンプー!髪のツヤをUPさせる効果を徹底解析!

べたつく髪におすすめの石鹸シャンプー!髪のツヤをUPさせる効果を徹底解析!

石鹸シャンプーを使ったことありますか?

私の髪はとても厄介で、頭皮はべたつくのに毛先はパサパサになるという油っぽさと乾燥の両方を兼ね備えていました。
毛先のダメージはくくって誤魔化せても、頭皮のべたつきは夕方になると見た目にもわかるほど。
臭いも気になっていたので、ベタつきを解消できるシャンプーを最優先で探していました。
そんなとき、目に留まったのが石鹸シャンプー

石鹸シャンプー=きしむと思って今までは見向きもしませんでしたが、調べるうちに石鹸シャンプーは頭皮が脂っぽい人におすすめという情報を入手。
使い続けることで髪のツヤが出て、ハリコシもUPするというではありませんか!

頭皮のベタつき解消髪のツヤUP
これは使ってみないワケがない!
と思い、さっそく石鹸シャンプーを購入。

結論からいうと、

・石鹸シャンプーはベタつき解消に効果大
・髪のツヤUPはコツさえ掴めば実現できる
・最初はビックリするくらいきしむ

ということです!

こちらの記事では、私が石鹸シャンプーを使った感想を、赤裸々にレビューしていきます!
石鹸シャンプーの効果はもちろん、きしむ理由やどんな人におすすめなのかを詳しく解説するので、使うまでに踏み切れていない方はぜひ参考にしてみてください!

「石鹸シャンプーはきしむ」は本当!?

石鹸シャンプー、使い始めはかなりきしみを感じます!
でも、ずっと使い続けるとだんだんきしみが減っていきました!

石鹸シャンプーを使った私の口コミ

シャンプー

石鹸シャンプーを使う前は、液体のノンシリコンシャンプーとトリートメントを使っていました。
ノンシリコンもシリコン入りに比べるときしみが気になるといいますが、石鹸シャンプーのきしみはノンシリコンのそれと比べものにならないほどでした。笑
私が使った石鹸シャンプーはかなり泡立ちが良く、シャンプーをしている間はきしみませんでしたが、すすぐ時にキシキシするのが手に伝わりました。
初めて使った日は「これ大丈夫かな…」と不安でしたが、乾かすときしみはなくなってサラサラした仕上がりです。
きしむのは洗った後のすすぎだけですね。

きしみは徐々に減る

きしみが気になったり髪が絡まったりするので、慣れるまではすすぎにくさ・タオルドライのしにくさを感じるかもしれません。
髪を無理やり解こうとすると摩擦で髪を痛めるので、水分をタオルに移すように髪全体をタオルで包み、毛束ごと握るように拭くとダメージを抑えられます。

継続すれば使い慣れるのと、髪のきしみが徐々に減っていくので、不安なのは最初だけだと思います。
私の場合は、使い始めて1カ月を過ぎた辺りからきしみが気にならなくなりました。
これは個人差が出るなので、あまりにも気になる場合や、きしみだけでなく抜け毛やかゆみを感じる場合は使用を中止してください。

タオルドライ

きしみを感じるのは髪が濡れている間だけ

きしみを感じるのは髪が濡れている間だけ

お風呂上りにドライヤーをすると、先ほどのきしみが嘘のように髪がサラサラになります。
濡れている間は絡まりやすいのと、濡れた髪はキューティクルが開いてきしみやすいので、キシキシした感じが強調されるからです。
乾かすとキューティクルが閉じるので、きしみはほとんど感じなくなります。

石鹸シャンプーはシリコンなどのコーティング剤が入っていないので、乾かすだけで軽やかなふんわり仕上がりに。
ボリュームアップしたい人には、かなりおすすめです。

なぜ石鹸シャンプーはきしむの?きしみの原因

石鹸シャンプー=きしむというイメージは、実際に使ってみて間違いではないことがわかりました。
では、どうして石鹸シャンプーで洗うと髪はきしむのでしょう?

きしみの原因①石鹸シャンプーはアルカリ性だから

きしみの原因①石鹸シャンプーはアルカリ性だから

私たちの髪は、乾いている間は弱酸性を示します。
髪が弱酸性だとキューティクルが閉じるので、ツヤが出やすくなり滑らかな手触りになります。
反対にアルカリに傾くとキューティクルが開いて、きしみやごわつきを感じるようになるのです。

石鹸シャンプーは完全にアルカリ性なので、石鹸シャンプーで洗うと髪が一時的にアルカリに傾きます。
シャワーで濡れるだけでもキューティクルが開くうえに、アルカリの石鹸シャンプーを使うので髪がきしむのは当然といえば当然です。
アルカリによって発生したきしみは、髪を酸性状態に戻すことで解消できます。

石鹸シャンプーの正体

そもそも石鹸とは脂肪酸アルカリという2つの成分を混ぜて作られています。
とってもシンプルですよね。

◇石鹸シャンプーに配合される洗浄成分◇
☑脂肪酸ナトリウム
☑脂肪酸カリウム

石鹸シャンプーに配合される代表的な洗浄成分がこの2つ。
どちらも脂肪酸+アルカリの組み合わせで作られているのが分かりますね。
青で記載した成分がアルカリなので、石鹸シャンプーで洗うと髪がアルカリに傾くのです。

脂肪酸+アルカリで石鹸が作れると発見した昔の人、天才って思いません!?
これ共感してくれる人は、化学が分かる人かも・・・!

きしみの原因②髪の毛に蓄積されたダメージが露出されるから

きしみの原因②髪の毛に蓄積されたダメージが露出されるから

石鹸シャンプーにはシリコンなどのコーティング剤が入っておらず、高い脱脂力で髪に付いたスタイリング剤や蓄積されたシリコンをキレイに落としてくれます。
そのため、石鹸シャンプーで洗った髪は素髪がむきだしになるのです。
(メイクを落として素顔になると、小シワやシミが見えちゃうのと同じですね。)

素髪になると、それまでコーティングで隠れていたダメージがむき出しになり、きしみとなって手に伝わるように・・・。
つまり、ダメージが激しい人ほどきしみやすいということですね。
ハイダメージの人にはかなりこたえます…💦

私もダメージは人一倍悩んできたので、使い始めは本当に苦労しました。
繰り返し使うと徐々に1本1本しっかりした髪になっていくので、最初はとにかく摩擦で痛めないように丁寧に洗うことが大切です。
石鹸シャンプーを使うと、素髪力が上がっていきますよ!

ハイダメージの髪には栄養分たっぷりの石鹸シャンプーがおすすめ
どの石鹸シャンプーにしようか迷ったときは、栄養成分がたっぷり配合されたものをおすすめします。
ダメージを修復するには、髪にも栄養が必要。
最近の石鹸シャンプーはかなり改良が繰り返され、きしみを軽減したものや栄養成分・美容成分が配合されているものがたくさんあります。
ダメージも補修したいという方は、栄養成分配合のものを使うと効果が出やすいですよ!

きしみを減らせる酸性リンスの裏ワザ

きしみを減らせる酸性リンスの裏ワザ

石鹸シャンプーでアルカリに傾いたキシキシの髪は、酸性にしてきしみを和らげられます
石鹸シャンプーとセットになっているリンスは、酸性リンスと書かれたものが多いですよね。
アルカリをリンスの酸性で中和することでキューティクルをケアして、きしみを無くせるという仕組みです。

リンスとシリーズになっている場合はセットで使えますが、石鹸シャンプーだけを使っているという方は自分で簡単に作れる酸性リンスを試してみてはいかがでしょう!

簡単に作れる酸性リン酢!

~用意するもの~
お酢

~作り方~
①洗面器にお湯を溜める
②ティースプーン2杯分のお酢を入れる
これで完成☆

~洗い方~
①リン酢を毛先になじませる
 髪が長い場合は洗面器に浸すとよい
②軽く手くしをしながら髪をほどき、全体になじませる
③最後にてっぺんからリン酢をかぶって全体に行き渡らせる
④お湯でしっかりすすぐ

私が最初に試したのは、お酢で作ったリン酢。
家にクエン酸がなかったのと、お湯に少しお酢を入れるだけで作れる手軽さに、まずはお試し…という感じでやってみました。

リン酢をしないときに比べて乾かした後のサラサラ感は違いまいたが、それ以前にお酢の匂いがキツすぎて私には合いませんでした。笑
スプーン2杯のお酢を洗面器に入れて薄めるだけですが、お湯でお酢の匂いが風呂中に広がって、その瞬間から鼻にツーンっという感じ、、苦笑
全体になじませるのもそこそこで、すぐに流してしまいました。

なじませ方が足りなかったのか、すすいだ後そこまで劇的な変化はありませんでした。
それでも乾かした後のサラサラ感は、リン酢をしなかった時とは違ったので、気になる方はお試しする価値アリ!
しっかりすすげばお酢の匂いは残らないので、そこはご安心ください!

お酢の匂いを改善!ビネガーリンス

私みたいに「お酢の匂いが苦手」という方にぴったりなのが、ビネガーリンス!
ビネガー=お酢ですが(笑)、お酢にハーブやラベンダーなどのフレーバーを加えてお酢の匂いを軽減したリンスです。
作り方はリン酢と同様で、お湯で薄めて使うので使い方も簡単。
石鹸シャンプー用でいろんな種類が売られているので、お酢の匂いが苦手な方にはビネガーリンスがおすすめ!

クエン酸リンスで髪をキュッっと引き締めサラサラヘアーに!

~用意するもの~
クエン酸、ペットボトル、グリセリン(あれば)

~作り方~
①500mlのペットボトルにクエン酸:大さじ3と水を入れる
②保湿力を高めたい場合はグリセリン:小さじ1入れると良い(無くても大丈夫)
③約1分振り、しっかり混ぜる
これでクエン酸リンスの原液が完成!

~洗い方~
①洗面器に半分強のお湯を溜める
②クエン酸リンスの原液を大さじ2杯いれて、よく混ぜる
③毛先から順にクエン酸リンスをなじませる
 髪が長い場合は洗面器に浸すとよい
④最後にてっぺんからクエン酸リンスをかぶって全体に行き渡らせる
⑤お湯でしっかりすすぐ

ご自宅にクエン酸があるある方は、クエン酸もリンスとして代用できます!
クエン酸リンスを作るのも、とても簡単。
レモンなどの柑橘系の匂いが好きな方は、クエン酸が使いやすいです!

リン酢もクエン酸リンスも初めて使う前に、パッチテストをしてください!
まれに肌荒れを起こすことがあります。
いきなり頭皮に使って頭皮全体が荒れると、かゆいしかぶれるので要注意です。

頭皮がべたつく!そのお悩みは石鹸シャンプーで解決!

私が一番困っていた頭皮のべたつきですが、石鹸シャンプーを使えば見違えるほど改善されます!

翌日の夕方から差がつく石鹸シャンプーの効果!

翌日の夕方から差がつく石鹸シャンプーの効果!

私が「さすが石鹸シャンプー!」と思ったのは、洗った次の日のベタつき加減です。
それまでは夕方になると皮脂が目立ち始めて、おでこの辺りがベタベタしていましたが、石鹸シャンプーで洗ってからは、ベタつきが前ほど気にならなくなりました。

まったく皮脂が出ないということはありませんが、目に見えるほどのベタベタはなく、臭いもかなり軽減されました。
仕事上、外を出歩くことが多いので汗もかくし排気ガスもたくさん浴びますが、それでも夕方のベタつき方はずいぶんと変わりました。
ベタつきが気になってスタイリング剤を使うのも控えていましたが、石鹸シャンプーに変えてからはスタイリング剤を使っていろんなヘアアレンジを楽しんでいます
お風呂上りのサッパリ感も特徴的で、頭皮にこびりついていた汚れがごっそり落ちた感じです。
洗った後の頭皮のツッパリやかゆみもなかったので、私の頭皮には合っていました。

さっぱり感の秘密は石鹸シャンプーの脱脂力にあり!

さっぱり感の秘密は石鹸シャンプーの脱脂力にあり!

石鹸シャンプーは脱脂力が高いのが特徴です。
しつこい脂汚れもしっかり落とせるので、洗ったあと頭皮がさっぱりします。
男性用シャンプーのようなスースーした清涼感とは違うすっきり感で、しかも頭皮がつっぱることもないので女性でも使いやすいです。
石鹸は水で薄まると洗剤の機能がなくなり、必要以上の油分を落とすことはありません。
モコモコに泡立てた石鹸で素早く頭皮をマッサージしながら洗い、そのあとしっかりすすぎを行えば、不要な汚れだけを落として必要な油分を保つことができます。
シャンプーの目的である「頭皮を清潔に保つ」ことに関しては、石鹸シャンプーはずば抜けた効果があります!

シンプルな成分で頭皮に負担なくきれいにできる

シンプルな成分で頭皮に負担なくきれいにできる

石鹸は脂肪酸とアルカリが主成分なので、この2つがあれば石鹸を作ることができます。
そこに保湿成分や栄養分が配合されていることがありますが、市販シャンプーのような色々な添加物は基本的に入っていません。
そのため化学物質による刺激を受けることが少ないので、高級アルコール系シャンプーほど頭皮への負担が強くないのが特徴です。
乾燥が激しい方は控えた方がいいですが、化学物質によるアレルギー症状がある人は使いやすいと思います。

頭皮への刺激を抑えつつ、要らない汚れはしっかり落とせる、洗った後はスッキリさっぱり。
これはまさに皮脂が多いベタつきタイプの方にピッタリのシャンプーですね!

素髪力UP!石鹸シャンプーで取り戻せる髪のハリ・コシ・ツヤの三拍子!

素髪力UP!石鹸シャンプーで取り戻せる髪のハリ・コシ・ツヤの三拍子!

年齢を重ねて(特に30代を過ぎてから)髪のハリコシが気になり始めますよね。
でも、石鹸シャンプーなら大丈夫。
使い続けると、髪のハリコシ、さらにはツヤまでが徐々に戻ってきます!

地肌から整えることでサラサラヘアーになれる

地肌から整えることでサラサラヘアーになれる

化学物質によるツヤやハリコシは一時的なもので、髪の内側から補修できているわけではありません。

その点、石鹸シャンプーは頭皮の汚れをキレイに流してリセットして、必要な栄養分が行き渡るように頭皮全体を整えていきます
使い続けるうちに頭皮環境が整い、その効果が髪にも現れるのです。
頭皮の状態が良くなれば、髪が本来持っている再生力でどんどんハリコシが戻り、内側から自然なツヤがでてきます。

ふんわりボリュームアップで見た目の若返り効果も

ふんわりボリュームアップで見た目の若返り効果も

シリコンなどのコーティング剤が入っていないため、乾いた後に変なベタつきがありません。
ハリコシが減った髪も、徐々に根元からふんわりと立ち上がるようになります。
毛先の方はサラサラした指どおりで、頭全体が軽くなったような感じ。
もともと皮脂が多い人がシリコン入りシャンプーを使うと、翌日べたつきやすかったり、生え際がペタっとなってしまいますよね。
それが石鹸シャンプーだと全体がふんわりしてボリュームアップするので、若々しく見える効果も!
頭皮がベタつくと、そのせいでかゆくなったりにおいが気になったりしますが、頭皮からさっぱりリセットできるので、かゆみや炎症も軽減されます。

効果を実感するコツは『上手に継続して使うこと』

効果を実感するコツは”上手に継続して使うこと”

残念なことに、せっかくの効果はシャンプーを変えてすぐに実感できるものではありません
頭皮環境から改善し、髪の毛そのものにもハリコシが戻るようになるには、最低でも2~3カ月(人によっては半年くらい)はかかります。
髪の毛は1カ月に約1cm伸びる程度で、成長スピードが遅いので、栄養が行き渡って髪が元気を取り戻すのに時間がかかるのも無理はありません。
効果がでるまで、めげずに使い続けることが大切です!

洗っている間のきしみを軽減させるコツ

洗っている間のきしみを軽減させるコツ

最初にお伝えした通り、石鹸シャンプーはその性質上どうしてもきしみを感じやすいです。
効果を実感するまではとにかく継続して使うことが大切ですが、使用感やきしみが気になると「このまま使い続けていいのかな」と心配になりますよね。
そこで石鹸シャンプーをなるべくストレスフリーで使い続けられるよう洗う時のちょっとしたコツをご紹介します!
私の経験からあみ出した手順なので、お好みでアレンジしていってください!笑

~特に慎重に~
①シャンプーは頭に付ける前にしっかり泡立てる
②シャンプー後のすすぎは地肌を重点的に
③髪が絡まっても無理に解こうとしない
④タオルドライは擦らず握るように
⑤ドライヤーは地肌を中心に

①しっかり泡立てる
石鹸は水で薄まると洗剤としての機能が落ちます。
最初のすすぎの後、液体/固体に関わらずまずしっかり泡立ててから頭皮に付けましょう。
しっかりした泡で洗うことで頭皮の刺激も和らげられて、髪が絡まったりもつれるのを防ぎます。
しっかりすすげば髪についた汚れ(塵・ほこり)は落とせるので、シャンプーで髪をゴシゴシ洗う必要はありません!
洗うのは頭皮だけにしましょう。

②すすぎは頭皮を重点的に
シャンプー後のすすぎは、とにかくたっぷりのお湯でしっかりすすぎましょう。
シャンプーが残りやすいのは髪の毛ではなく頭皮なので頭皮をしっかりすすいでください。
すすぎが不十分だと、せっかく石鹸で取り除いた汚れが石鹸とともに頭皮に残留します。
頭皮の清潔が髪をキレイにする一番の近道です!

③濡れているときは髪を解こうとしない
きしみを一番感じるのは、濡れていて且つシャンプーをすすいだ後です。
もつれた髪を解きたい気持ちはわかりますが、濡れたままで無理にコーミングをすると、摩擦の刺激で髪をどんどん痛めます。
石鹸シャンプー初心者の方には「おまじない」のように覚えていてほしいですが、髪が乾けばきしみはなくなります!
濡れている間のきしみは一時的なものなので、神経質にならなくても大丈夫。
もつれた髪も、乾かせば徐々にスルスルと解けていきます。
濡れているときの刺激で必要以上に髪を痛めないように気を付けましょう!

④タオルドライは慎重に!擦るのではなく握る!
お風呂上りにボトボトの髪をタオルで拭くと思いますが、ここは慎重に行ってください。
タオルでゴシゴシ擦ると、そのたびに髪が傷むのは想像できますよね。
タオルは擦るのではなく毛束ごと握る!これがポイントです。
ここでしっかり水気を取らないと次のドライヤーの時間が長くなり、ドライヤーの熱でキューティクルを痛めてしまいます。
擦らず水分を取るのは時間がかかるけど、思っている3倍は丁寧に行ってくださいね!笑

⑤ドライヤーは素早く地肌から
最後のポイントはドライヤーです。
髪が熱に弱いのはご存知ですよね。
石鹸シャンプーはコーティング剤が入っていないので、熱をダイレクトに受けます。
ドライヤーの時間はなるべく短く終わらせるのが理想で、そのためにはタオルドライをしっかり行うことと、とにかく地肌をしっかり乾かすことが大切です。
ドライヤーは頭皮・髪から30cmは離して当ててください(結構、腕が疲れます)。
地肌をしっかり乾かせば、あとは温風と冷風を交互に当てながら毛先まで乾かします。
ドライヤーの前に天然オイル(アルガンや椿オイル)を毛先部分だけ付けると、熱のダメージを軽減できます。

石鹸シャンプーに慣れるまでは酸性リンスを併用したり、毎日じゃなくても3日に1回くらいトリートメントを使うなど、自分の髪質を見ながら徐々にケアをシンプルにしていきましょう!
いきなり石鹸シャンプーだけにするのは、石鹸シャンプー初心者にはハードルが少し高いかも!笑
私は、ドライヤー前にアルガンオイルを軽く付けています!

石鹸シャンプーはこんな人におすすめ!

石鹸シャンプーはこんな人におすすめ!

これまで石鹸シャンプーを使ってみた感想・レビューを一気にご紹介してきました。
最後に、どんなタイプの方が石鹸シャンプーとの相性が良いのかをまとめていきたいと思います!

☆石鹸シャンプーをおすすめしたい人☆

●皮脂が多い人
○頭皮のにおいが気になる人
●洗った後のスッキリ感が欲しい人
○髪のハリコシをUPさせたい人
●サラサラヘアーになりたい人
○トップのボリュームを出したい人
●いろんなヘアスタイルを楽しみたい人

石鹸シャンプーを購入するときの注意点

石鹸シャンプーと合成シャンプーをしっか見分けよう

一口にシャンプーと言ってもその種類はさまざま。
私たちの生活で一番身近なのは、ドラッグストアにある市販シャンプーですよね。
市販品の中にも石鹸シャンプーはありますが、購入時に気を付けたいのは合成シャンプーと間違えないこと。
合成シャンプーに使われる石油系の洗浄成分は洗浄力が強く、いろんな添加物も入っていてお肌への負担が大きいです。

一方、石鹸シャンプーは、脱脂力はしっかりあるものの化学物質や添加物がほとんど入っていないため、頭皮を優しく洗えます。
お肌が弱い人は、合成シャンプーだと肌荒れを起こすこともあるので、選び間違いのないようにしましょう!

石鹸シャンプーの見分け方

シャンプーは使われている洗浄成分によって種類を見分けます。
石鹸シャンプーに配合される洗浄成分は次の通り。

◇石鹸シャンプーに配合される洗浄成分◇
☑脂肪酸ナトリウム
☑脂肪酸カリウム
☑石けん分

裏の成分表示をみて、いずれかの洗浄成分が記載されていれば、石鹸シャンプーで間違いありませんが、他の名前が記載されている場合は、合成シャンプーの可能性があります。
『石けんシャンプー』という広告のコピーだけではなく、成分表示を見て判断しましょう。

流行りのシャンプーバーにも注意しよう

シャンプーバーって聞いたことがありますか?

固形の石鹸でシャンプーとして販売されている商品です。
プレゼントとして流行っていて、見た目の可愛さから利用する人も増えていますが、シャンプーバーにも注意が必要です。

実はシャンプーバーの中には、固形石鹸のような形をしていながら、洗浄成分が入っていないものが存在するのです。
ビックリですよね!!

洗浄成分が入っていないということは、石鹸のような形をしているが汚れを落とす機能が全くない固形の塊ということ。
そんなもので洗っても、髪も頭皮もキレイにはならないし、むしろ中身がわからない化学物質を頭皮に付着させるだけという始末。
恐ろしいですね・・・

贈り物は嬉しいですが、お肌につけるものは使う前に成分をチェックする習慣を!
アナタの身体を守れるのは、アナタ自身だけですからね!

石鹸シャンプーを使って分かったメリットとは

石鹸シャンプーを使って分かったメリットとは

石鹸シャンプーのきしみに関するあれこれや、石鹸シャンプーにはどんな特徴があるのかを使ったレビューを交えながらご紹介しました。

とにかく皮脂が多くてベタつきを解消したい方は試してみる価値アリ
ですが、使ってわかったことは、他のシャンプーに比べて使う難易度が高いということ。
きしみやすかったり、手入れの仕方を間違えると傷みやすいので、使う時は丁寧なケアを心がけてくださいね!

きしむというイメージを持たれている方が多いと思いますが、相性が合う人にはかなり効果的なシャンプーなので、気になる方はぜひ一度お試しください!

TSUYAKOが試した石鹸シャンプー
サボンモーヴ

公式サイトはこちら

サボンモーヴの口コミ・効果はコチラをチェック

関連した記事

記事はありませんでした