おすすめのシャンプーは人それぞれ!シャンプーの種類・成分解析・選び方まで一挙に解説します | TSUYAKO
シャンプー商品紹介

おすすめのシャンプーは人それぞれ!シャンプーの種類・成分解析・選び方まで一挙に解説します

おすすめのシャンプーは人それぞれ!シャンプーの種類・成分解析・選び方まで一挙に解説します

毎日使っているシャンプー。
種類がたくさんあって、一体どれを選んだらいいか悩みますよね。

・無添加でノンシリコン
・美容保湿成分配合
・ボタニカル処方
など、いろんなうたい文句を耳にしますが「何がなにで、結局自分に合うシャンプーってどれ!」っていうのが正直なところです。
シャンプーは配合される成分によってジャンル分けすることができて、それぞれ合う髪質・合わない髪質がバラバラなのです。

こちらの記事ではシャンプー選びに役立つシャンプーの種類、成分、選び方のポイントをわかりやすく解説します!

髪はトリートメントでケアしてるから十分」と思っているアナタ、ヘアケアにおいて重要なのはシャンプーですよ!

シャンプーの目的は”頭皮を洗うこと”

シャンプーの目的は”頭皮を洗うこと”

「そんなのわかってるわ!」
と聞こえてきそうですが、皆さんはシャンプーをするときに髪をゴシゴシしていませんか?
シャンプー=髪を洗うもの
と思っている人が多いですが、それがそもそもの間違いです!
シャンプーの一番の目的は頭皮を洗うこと!
髪ではなくて、頭皮ですよ!
だから、髪をゴシゴシ洗っている方は、シャンプーの選び方云々の前に洗い方に問題があります。
髪は濡れると、キューティクルが開いてダメージを受けやすいので、たとえシャンプー中であってもゴシゴシこすってはいけません。

1日で溜まる汚れは皮脂や汗、フケやほこりですが、そのほとんどは頭皮に蓄積されています。
髪に付いたほこりや抜け毛は、シャンプー前のブラッシングやすすぎでほとんどが落とせるので、シャンプーでゴシゴシ洗う必要はありません。
まずはどんなシャンプーを使うにしても、正しいお手入れ方法を実践し、せっかくのケアで逆に髪を痛めることがないようにしましょう!

今日から、髪ではなく頭皮を洗うことを意識してシャンプーをしてください!

シャンプーの成分、実は半分以上が水!?

一般的にシャンプーに配合される成分は次の通りです。

シャンプーの成分比率

界面活性剤は洗浄成分のことです。
つまり、シャンプーのほとんどは水と洗浄成分でできています。
シャンプーの目的は頭皮を洗うことなので、水の次に多く配合されているのが洗浄成分というのは納得できますね。
その他には、シリコンなどのコーティング成分や香料・防腐剤などの添加物・美容成分・保湿成分などが該当します。

シャンプー選びは洗浄成分選びと言っても過言ではありません!
シャンプーに使われる洗浄成分って一体どんなものがあるのでしょう?

シャンプーの種類は洗浄成分によって3つに分類できる

シャンプーの種類は洗浄成分によって3つに分類できる

シャンプーの選び方で最も重要なのは”どの洗浄成分が使われているか”です。
シャンプーは洗浄成分ごとに次の3つに分類できます。

①高級アルコール系シャンプー
②アミノ酸系シャンプー
③石鹸系シャンプー

それぞれ洗浄力や脱脂力が異なるので、人によって合う合わないが大きく分かれます。
市販シャンプーの多くは、高級アルコール系の洗浄成分が使われています。
理由は洗浄力が高く、原価が安いからです。
ただ、高級アルコール系は洗浄力と合わせて頭皮への刺激も強いので、お肌が敏感な女性にはあまりおすすめできません。
最近は、刺激が少なくてマイルドな洗浄力を持つアミノ酸系シャンプーがとても人気です。
また、シャンプーの添加物で炎症を起こしたことがある人や皮脂が多い方に人気なのが石鹸シャンプーです。
髪質によって合う合わないが一番わかれるシャンプーなので、正しいやり方でケアする必要があります

洗浄成分以外のシャンプーの種類とは?

洗浄成分以外のシャンプーの種類とは?

シャンプーは”その他”に該当する成分によって色んな名前で呼ばれています。

☆ノンシリコンシャンプー
最近ではすっかりおなじみのノンシリコン。
成分に一切シリコンが入っていないシャンプー。
髪をコーティングするシリコンが入っていないのできしみを感じることがあるが、洗いあがりはふんわりサラサラになる。
敏感肌やお子さまにも使える人気のシャンプー。

☆オーガニックシャンプー
オーガニック=”有機の”。
化学肥料を使わずに栽培された植物から採れた成分が使われているシャンプー。
ただし、現在オーガニックの明確な定義はない。
植物由来なので肌への刺激が少なく、女性に人気のシャンプー。

☆ボタニカルシャンプー
ボタニカル=”植物の、植物から採った”。
植物由来の成分を使ったシャンプー。
オーガニック同様、明確な定義がないため植物エキスが少しでも入っていればボタニカルとうたえる。
オーガニックとの違いも曖昧だが、有機栽培かどうか(化学肥料を使っているか)が違いになる。

☆スカルプシャンプー
スカルプ=”頭皮”。
頭皮ケアに特化したシャンプー。
頭皮を優しく洗えるようアミノ酸系の洗浄成分が使われていることが多い。
髪本来のツヤを出すためには頭皮ケアが欠かせないので、頭皮の本格ケアを行う女性に人気。

☆無添加シャンプー
「添加物が入っていないシャンプー」ではあるが、無添加の定義は商品によってバラバラ。
そのため、一概に添加物が入っていないものといいにくい。
全成分の表示が義務付けられているので、添加物でアレルギー反応が出る人は成分をみて判断する方がよい

「○○シャンプー」とさまざまな種類があるけど、メーカーの広告用につけられた名前が多い!
大事なことは、どんな成分が配合されているかを成分表示で確認することです!

シャンプーを選ぶときは成分表示を見よう!

シャンプーを選ぶときに大切なことは「どの洗浄成分が使われているか」でしたよね。
ノンシリコンやボタニカルなどいろんなキャッチーなフレーズがありますが、まず大事なのは自分に合った洗浄成分を選ぶことです。

でも、実際見てみるとカタカナだらけの化学物質の名前がズラリと並んでいて、何がなにか見分けがつきませんよね。
見慣れない方が多いと思うので、ここでは成分表示の見方を簡単にご紹介します!

写真

成分は基本的に「配合される量が多い順番」に記載されています。
ただし、配合量が1%未満の場合は順不同になります(香料・着色剤は最後にまとめて記載される)。
なので、水の次に並んでいるものが洗浄成分ということですね。
haru黒髪スカルプ・プロの成分表示を例でみてみると、赤線部分が洗浄成分となります。
続いて、保湿成分や栄養素、最後にまとめて香料が記載されています。
全ての成分を確認するのは大変ですが、チェックポイントは洗浄成分!
水の次に書かれているものを確認すればOKです!
具体的にどんな物質が配合されているかは、コチラの記事を参考にして下さい!

→リンク

頭皮や髪質に合わせたシャンプーを選ぼう!

頭皮や髪質に合わせたシャンプーを選ぼう!

・頭皮が脂っぽい人
・乾燥してフケが出る人
・髪がごわついて広がる人
・ネコ毛で生え際がペタンコになる人
などなど、1人1人頭皮や髪質は違いますよね。

「友達にすすめられたから使ってみたのに・・・」
「あんなに口コミが良かったのに・・・」
とシャンプー選びで失敗した経験がある人、多いと思います。
その理由は、あなたとおすすめした人では頭皮や髪質が違うから。
どれだけ口コミが良くても評価が高くても、自分の肌質に合っていなければシャンプーの効果を得ることはできません。

3つの洗浄成分について、それぞれおすすめのタイプをまとめるので、「自分に当てはまる」「普段のお悩みに該当する」というものを見つけてみてください!

①高級アルコール系シャンプー
特徴:洗浄力と刺激が強いが、比較的安く手に入る。

【おすすめのタイプ】
・頭皮が丈夫で、どんなシャンプーを使っても炎症やかゆみが起きない人
・シャンプーにこだわりはなく、とにかく安く買いたい人
・ドラッグストアで買えるものがいい人

②アミノ酸系シャンプー
特徴:刺激が低く、マイルドで適度な洗浄力で洗える。ただし、値段が少し高い。

【おすすめのタイプ】
・敏感肌/乾燥肌の人
・市販のシャンプーで洗うと、頭がヒリヒリして刺激を感じる人
・頭皮のフケやかゆみが気になる人
・皮脂が多い人
・頭皮の炎症が気になる人
・髪がパサつきやすく、広がりが気になる人
・髪にまとまりが欲しい人

③石けんシャンプー
特徴:比較的洗浄力が強い。頭皮だけでなく環境にも優しいシャンプー。

【おすすめのタイプ】
・皮脂が多い人
・さっぱりした洗いあがりがほしい人
・髪のハリコシを出したい人
・環境に優しいシャンプーを使いたい人
・髪のボリュームを出したい人
・化学合成物で肌荒れやニキビができる人
・髪の自然なツヤを出したい人

例えば、同じ皮脂が多いタイプの人でも”髪にまとまりが欲しい人にはアミノ酸系”、”ボリューム感がほしい人には石鹸系”がおすすめというように、タイプやお悩みによっておすすめのシャンプーは変わってきます
シャンプーを選ぶときは自分の頭皮や髪質、そして一番解決したいお悩みが何かをしっかり把握しておくことが大切です。

たかがシャンプー、されどシャンプーです!
毎日使うものだから、自分に一番合ったシャンプーを使わないともったいないですよね!

シャンプーの種類はさまざま!自分に合ったシャンプーを見つけよう!

シャンプーの種類はさまざま!自分に合ったシャンプーを見つけよう!

いかがでしたでしょうか。
毎日シャンプーをする目的は、頭皮を清潔に保つこと。
お手入れ方法やシャンプー選びを間違えると、頭皮や髪を痛めてしまうことがわかりました。

”なんとなく”で選んでいた人もいるかもしれませんが、シャンプーは自分の肌質や髪質に合わせて選ばないといけません。
シャンプーで正しく頭皮ケアを行うことが、ツヤやハリコシのある美髪を育てることにもつながります。

頭皮トラブルを解決したい!
憧れのサラサラヘアになりたい!
そんな理想の自分に近づきたいなら、まずは使うシャンプーを見直してみてはいかがでしょう。

シャンプーと一口に言っても種類がたくさんあって選ぶのが大変ですが、一人一人のお悩みを解決してくれるシャンプーは必ずあります!
自分にピッタリのシャンプーを見つけて、自分らしい美しさを手に入れましょう!

関連した記事

記事はありませんでした