シャンプーで洗うべきは髪の毛ではなく頭皮!正しい洗い方とシャンプーの目的を理解しよう | TSUYAKO
シャンプー

シャンプーで洗うべきは髪の毛ではなく頭皮!正しい洗い方とシャンプーの目的を理解しよう

シャンプーで洗うべきは髪の毛ではなく頭皮!正しい洗い方とシャンプーの目的を理解しよう

いつものシャンプーを思い出してみて下さい。

アナタは髪をゴシゴシこすっていませんか?

その洗い方、間違っています!

シャンプーで洗うべきは頭皮

結論から言うと、

シャンプーでは頭皮を洗いましょう!

髪の毛ではありませんよ!
何度も言いますが、根元の頭皮です!
理由は次の3つ。

  1. 頭皮が清潔でないとキレイな髪が生えないから
  2. 頭皮から出る皮脂汚れを落とすため
  3. 髪の毛の汚れはお湯で落とせるから

髪の毛は頭皮で作られている

髪の毛は頭皮の中にある毛母細胞というところで作られます。
髪を作る生産工場のようなものですね。

キレイな髪をキープしたいなら、まずキレイな髪を伸ばさないといけません。

キレイな髪を伸ばすためには、生産工場をしっかりメンテナンスして、常にフル稼働できる状態にする必要があります。

生産工場(毛母細胞)は頭皮にあるので、頭皮が汚れていたり毛穴が詰まっていると、工場の稼働が鈍くなるのは想像がつきますよね。

工場の稼働状態が悪いと、栄養不足の髪ややせ細った髪が生えてしまい、パサつきやうねりの原因に。。

キレイな髪を伸ばしたいなら、まずは土台となる頭皮を清潔にして、常にキレイな髪が生えやすい状態を作らないといけません。
そのために、頭皮ケアは欠かせないのです。

髪の毛が生えるメカニズムに興味がある方は、コチラの記事を参考にどうぞ!

一番落ちにくい汚れは皮脂

一番しつこい汚れは、身体から分泌される皮脂。

それ以外はシャワーのすすぎでほぼ落とすことが出来ます。

皮脂が分泌されるのは頭皮なので、一番洗わないといけないところも頭皮なのは納得がいきますね。

髪の毛の汚れはお湯で落とせるので、シャンプーでゴシゴシしなくて大丈夫です。
逆に、こすると髪が傷むので、ゴシゴシはやめましょう!

頭皮に汚れが残るとどうなるの?

シャンプーで洗うのは頭皮ということが分かりましたが、頭皮に汚れが蓄積されるとどうなるのでしょう。

  • キレイな髪が生えにくくなる
  • 頭皮がベタつく・かゆくなる
  • 皮脂のにおいがきつくなる
  • 髪の毛にダメージがでやすくなる
  • 薄毛・抜け毛が起こりやすくなる

挙げればキリがないですが、髪トラブルのほとんどの原因に直結するのが頭皮の状態なのです。

頭皮や髪の毛について治したいものがある人は、頭皮ケアが地道だけど一番最善の方法なので、騙されたと思って頭皮ケアを始めてみてください。

シャンプーの目的は頭皮洗浄!

髪の毛をゴシゴシしている人が圧倒的に多いシャンプー。

やるべきことは、とにかく頭皮を洗うことです。

間違ったシャンプーの仕方は髪を痛める原因になるので、必ず正しい方法でお手入れしていきましょう!

関連した記事

記事はありませんでした